人気キッチンリフォーム例を特集してみました!

>

パースまではいかなくても

バナナハンガーのアイデア商品

初めてバナナハンガー(バナナをかけて保存するR型のアーム状のスタンド)をお店で見た時は、まじまじと眺めて、2、3度通り過ぎ、購入。
これは何か、と意味と理論はすぐ判断がついたけれど、アイデアに脱帽。
数年バナナをかけて使っても、キッチンに置いてあるだけで、モンキーの存在を意識。
目に触れて、もいで食べるのも、何だか笑える。
実際に、調査した方によれば、接着面がない分、食べ頃の皮に黒い斑点のシュガースポットが出て美味しく、持ちも良く、中の果実が黒ずみにくいことが判明したそうで、一件落着です。
お花と同様に、フルーツがキッチン近くに置いてあるだけで、幸せ感が溢れます。
皮を剥けばすぐ食べられる昔の高級果物でも、今は値段も種類も様々です。
バナナの皮で滑って転んだ等、様々なお笑いエピソードを彷彿することもあり、幸せストーリーに導かれますね。

色の組み合わせプラン

自然にあるが如くが、組み合わせの色がわからない人には、ピッタリな配色を知る手段になるかもしれません。
熱湯を注いで温泉玉子を作る簡単なアイデア商品のパッケージデザインは、白の楕円形のボール状に、フタの鮮やかな黄色の組み合わせです。
玉子のイメージで、白と黄でも、そこからひよこであったり、ゆで卵であったり、連想出来て楽しいです。
キッチン用品も、既存の植物のイメージカラーで、組み合わせて考えると、ヒントになり、自然に可愛くまとまりがあるかもしれません。
無難な白で統一すれば、清潔感は出ますし、商品もメーカーも横断して、形や素材が違っても、集めて買うのも、簡単です。
色に特化して、家の外壁の色や、内壁の色や素材、トータルに分量を調整して考えると、少し高度ですね。


この記事をシェアする